転職者のストロングポイント

転職者のストロングポイント

転職にのぞむ心構えについて

 

 転職することがキャリアアップであるという認識が根づいているアメリカ社会と違って日本の社会では、転職はマイナスのイメージが伴うこともありますが、転職者にしかできない仕事もあるのは事実です。転職者の強みは、会社での基本的なルールやマナーを知っているため、一から教育しなくても実践力になることが大きい点と、例えば女性をたばねるような部署の場合は、新卒の社会人一年生の社員より格段に指示の出し方、気配りなど能力的に上回っています。 

 

 その他、業務の流れの把握や上司への報告、危機管理など、もし他業種に転職した場合でも、前職の経験は間違いなく活かされるはずです。ですから、もし転職に関してマイナスの感情があるようでしたら、そのような感情は払しょくして転職にのぞむべきだと思います。マイナス感情は必ず、面接の時に出てしまうものです。

 

 転職者の強みのみ念頭において、新しい仕事を得るために面接試験を突破してほしいものです。会社での役割におけるストロングポイントについてお話ししましたが、これは会社側に対してアピールする自分についてです。今度は、会社を見極めるポイントについて考えてみましょう。

 

会社の見極め方

 

 転職するというのは、おそらく前職に対して納得のいかない部分があった方が大半だと思います。その場合、同じ繰り返しをしないためにも、必ず労働条件や福利厚生の詳細の確認は行うべきです。新卒の場合は、会社側に採用していただく、という気持ちの方が強かったのではないでしょうか?

 

 ですが、いろいろな経験をした今、今度は自分も会社を選ぶのだという気持ちも必要だと思います。また、面接にのぞむ際、上役が出てくると思いますがその人が会社のカラーだということも忘れてはなりません。会社は上に立つ人間で社風が決まるようなところがあるからです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ