転職は、通常は3年を目安に考える、

転職は、通常は3年を目安に考える、

昨今の転職事情

 

 昨今の就労事情を反映してか、転職を希望する人が増えていると言われます。実際に、会社や企業に勤めている人の内、若手社員の内の4人に一人は転職を考えていると言い、転職の理由としては、第一にやはり賃金、給与の良い会社に移りたい、次に自分の能力が生かせる会社に移りたい、中には、自分で事業を始めたい等の理由の人もいるようです。

 

 実際に最初に入社した会社を既に止めたと言う人の内、3年以内に辞めたという人が半数近くにいたとされています。

 

若者の転職のイメージは

 

 現代は、終身雇用という旧来の考え方や社会的な事情によって、若者達の間では「永年に亘り同じ会社で定年まで働くというイメージが無い」ともいわれます。

 

 一方では、安心して永年仕事をしていける会社や職場に、希望を持っている若者もおります。特に、若者は現状に満足することなく、一歩先を目指し、より良い場所を選択するのも必要な事でしょう。従って、同様な職場に自己満足することなく、謂わば、転職の機会を観ているというのは、一種、自然の感情かもしれません。

 

転職のタイミングは3年をメド

 

 では、自分にとって転職の「タイミング」とははいつか。それは企業が求める経験・スキルと合致したと時ともいわれます。タイミングというのは、確かにありますが、短兵急に急いではいけません。 

 

 それは、転職者の採用担当者も何を観ているかというと、3年を一種の目安と考えているようです。3年間経験を積みますと、少なくとも経験、キャリア、実績、それにスキルが付いてきます。

 

 勿論、例外もありますが、通常の状態で転職を考えている場合は、取り敢えず3年間辛抱してみる、その後に堂々と転職してみては如何でしょう。3年たてば、会社や職場の経験力の他に、社会人としての、人間としての成長も見込まれるからです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ